#
北海道内であればどこでも、 ほぼ無料(交通費のみ)で、 私たちが直接出向いて 落語、漫才、コントを披露します。 ただ、出来も、ほぼ無料相応です。 過度な期待はしないでください。
#
見られるもの、できる時間
#

・落語

・色物(漫才・コント)※

をご依頼いただけます。 ※色物はそのメンバーの予定を合わせなければいけないので、ご希望の場合、時間の余裕をもってご依頼いただけると助かります。 時間は(演目、ネタにもよりますが)

・落語 一席20分程度

・色物 一組5~10分程度

が目安です。 1時間で三名伺う場合が最も多いです。 20分で一人の出演から対応可能です。
かかるお金
とりあえず人数分の交通費さえいただければ北海道内どこでも参ります。 お支払いは

・依頼当日、手渡し

・お振込み

のどちらかでお願いいたします。

それ以外、例えばその金額分のものや金券でのお支払いはご遠慮願います。

#
持っていけるもの
#
我々が持っていけるものは

・ざぶとん

・もうせん

(高座に敷く赤い布)

・めくり

(高座名が書いてある紙)

・CD

(出囃子をかける) です。 座布団、もうせんに関しては、お客様の方でご用意いただける場合はご連絡ください。
用意してもらいたいもの

・着替える場所

(なければお手洗いでも大丈夫です)

・CDプレーヤー

・高座

(落語演者の膝がお客さまの目線と水平くらいになる高さ) が必ず必要になります。 めくり台(名前の紙をかける場所)があればめくりを出すことができます。 これは無くても特に問題はありません。 また、色物を希望する場合は ・イス2脚(コントの場合) ・舞台 (お客様全体から、立っている演者がよく見えるスペース) があると非常にやりやすいです。 落語、色物ともに、 可能な限りお客さん全体から演者の全身が見える位置 が望ましいです。
#
注意してほしいこと

4~7月、10~1月の間、 平日の日中(19時まで) での依頼は 可能な限りご遠慮ください。

私たちは一介の大学生です。 4~7月と10~1月は、平日の日中は授業があります。 学業優先でやっておりますので、この時間帯はほとんど依頼が受けられません。 ご了承ください。 19時以降で日帰りできる場合は、テスト期間以外は依頼をお受けすることがあります。ぜひご相談ください。 夏休み中(8月、9月)と春休み中(2月、3月)は平日の日中もぜひご依頼ください。

落語、色物以外でのご依頼は ご遠慮ください。

なんでも屋ではありません。 イベントの司会などができるわけではないので、できる限り落語や色物だけやらせてください。

終演後の打ち上げや 交通費以上、以外の 様々なお礼、お土産は 大歓迎です。

厚かましくも、貰えるものはありがたくいただきます。 でも、実際笑ったり泣いたりしていただいて、「面白かった」と直接伝えていただくのが、一番うれしいです。

それと交通費だけで充分です。

なお、実際に使用した分以上にいただいたお金は、ほとんどが会の運営に使わせていただいてます。